二日酔いサプリランキング@おすすめはどれ?

二日酔いサプリランキング@おすすめはどれ?

二日酔いをすぐに防ぐ対策法

 

お酒に弱い人にとっては、お酒を飲まないといけない場は辛いものです。特に、嫌いじゃないけどお酒を飲むとすぐに何が何だかわからなくなる、そういった方の場合はしっかりと準備しておく必要があります。今回は即効性のある対策を紹介しましょう。

 

まず、良く言われていることではありますが、お酒を飲む前には乳製品を摂取して胃の粘膜にもう一枚膜を張るようにしましょう。こうすることでアルコールの吸収を抑えることができます。また、空腹時は胃が強力に消化・吸収しますので、できるだけ事前に何か口にしておくようにしましょう。それだけでもだいぶ変わってきます。

 

また、酔わないお酒の選び方があります。お酒は醸造酒と蒸留酒の2種類に大きく分けられますが、ビールや日本酒、ワインといった醸造酒は二日酔いしやすいお酒です。これは発酵の後処理をしないためにアルコールの種類が多く、肝臓で分解する際に時間が掛かりやすいのです。

 

一方で、ブランデーやウイスキーといった蒸留酒は醸造酒を一定の温度で温めて、揮発したアルコールのみを抽出しているものですから、アルコールの種類は一種類になり、肝臓で分解する際に集中的に作業できますから効率的に分解できるのです。単純なアルコールの濃度だけの問題ではないのです

 

また、一気にアルコールを飲むと、酔いやすくなります。これは一気に血中のアルコール濃度が高くなるためです。アルコールの度数の高いものも同様で、少量だとしても血中のアルコール濃度が上がりますので注意しましょう。

 

その他にもウコンやシジミのエキスなど、二日酔いに効果があると言われている成分を予め摂取しておくのも有効です。うまく二日酔いをコントロールしましょう。

 

二日酔いの不調を解決するノウハウ

 

二日酔いになると仕事がおっくうになり、出社するのも気が滅入るという人も少なくないはずです。そんな時に少しでも体調を良くするためのノウハウを覚えておきましょう。まずは食事が大事です。食事のポイントでは、お味噌汁を飲むのが良いでしょう。インスタントでもいいですから、常備しておくのがいいと思います。

 

味噌に含まれる大豆のたんぱく質やミネラル、塩分は肝臓の働きを助けてくれるので、アルコールの分解がスムーズになり、二日酔いの予防や回復に効果があります。水分補給も大事ですが、アルコールを飲むと利尿作用により脱水症状や、体内のミネラルも排出されてしまっていて栄養不足になりがちです。

 

こうした場合に有効なのが、同じく汗による脱水症状、ミネラル不足を防ぐために作られたスポーツドリンク。アルコールの分解に必要となる糖分も含んでいますので、アルコールの分解を早め、体調の回復に有効に作用します。

 

また、入浴も大切なことです。体が温まって血行が良くなると、アルコールの排出が促されるようになります。ただ、頭痛や吐き気がひどいときには逆効果になることもありますし、水分不足の場合にはより深刻になりますから、水分はしっかり補給し、体調と相談しながら行いましょう。

 

そして、服装面では、二日酔いの日は体が温かくするようにして血行をスムーズにしましょう。体も冷えてしまいがちですから、体を冷やさないように注意します。アルコールの分解はエネルギーが必要ですから、朝食や昼食をしっかり食べるようにします。

 

しかし、胃腸が弱っている場合は無理をして食べず、スポーツドリンクなど飲み物で多少のエネルギーを摂取するにとどめましょう。胃腸が落ち着いてからでもちゃんとした食事は大丈夫です。

 

二日酔いのときの食事

 

二日酔いの症状がある場合には気持ち悪さを感じるものですが、この場合はどのような食事をとるべきでしょうか。

 

吐き気や倦怠感が出てしまうのは、アルコールを代謝する際に出る毒素によるものです。胃がむかついたりするのは、毒素のためというよりも、アルコールによって胃が刺激されたことによって起こっていますので原因が別となります。

 

二日酔いでひどい吐き気や胃のむかつきを感じる場合は胃が荒れているので、無理に食べる必要はありません。ただ、水分が不足しがちなので、水分をしっかり摂取することと、できれば少しカロリーのある飲み物を飲むのが良いでしょう。

 

吐き気などがなければ普通に食事をしてもいいのですが、アルコールのために胃には負担がかかっていますし、また肝臓ではアルコール分解のための作用が夜を徹して行われていますから、そこに仕事が増えないように、少し軽めの食事かつ消化のよいものを選ぶとよいでしょう。

 

胃腸を労わるために効果的なメニューとしては、味噌汁、バナナ、リンゴ、ハチミツなどが有効です。これらは消化器官の働きを活性化させたり、代謝しやすい糖分を持っているために消化器官を楽させてあげることができます。

 

逆に油脂分の多いお肉や乳製品は避けた方が良く、消化や吸収を妨げ、さらにアルコールの分解速度まで落とす要因になってしまいます。飲んだ後の食事も飲むときの食事に負けず劣らず大事ですから、きちんとしたものを選んで自己管理に役立てましょう。

 

二日酔いにはカレーが効果的

 

二日酔いを克服したいと考えている人は多いと思いますが、いろんな方法がありますよね。最近、そうした話の中で取り上げられることが多いのがカレーです。カレーには二日酔いを解消するために効果的な成分が多く含まれているからです。

 

カレーにはスパイスとしてターメリックと呼ばれるものが入っていますが、これこそが二日酔い予防に効果があるといわれる、別名「ウコン」です。カレーには必ずこのターメリックが入っているため、食べれば肝臓の機能を高めてアルコールの分解を促進することができます。

 

また、カレーには多くの栄養成分が溶けているので、必要な栄養素も取れますし、何よりもアルコールを分解するために必要なブドウ糖(炭水化物)をしっかり摂取することができるのがポイントです。

 

そして、香辛料による刺激で血管が拡張して血行が良くなり、体温も温かくなって代謝機能が活発になり、アルコールの代謝が進むようになります。辛いものを食べて自然にお水も進みますから、体内のアルコール濃度を低くする作用もあります。

 

そういった効果をひっくるめてカレーが二日酔いに効果があると言われるようになっているのです。とはいえ、二日酔いになってからカレーを食べるのは少々しんどいもの。できれば飲む前に食べておいた方が、後になっても問題なくお酒を楽しむことができるのではないでしょうか。

 

カレーは簡単に作れますし、食べられるお店も多いですから、あまりお酒を飲みなれていない人には、是非覚えておいてほしいテクニックですね。

 

こちらもオススメします。二日酔いにならない!人気サプリはこれ

 

二日酔いと酸素不足

 

二日酔いの原因の中には意外なものも実は含まれています。たとえば、「酸素不足」も二日酔いを引き起こすひとつの原因です。しっかりと栄養面での対策をしているにも関わらず、なかなか二日酔いの症状が良くならないという場合にはこの可能性を疑ってみてください。

 

酸素不足になると、頭痛、吐き気、眠気、手の指先、つま先のしびれや痙攣などが起こります。まるで二日酔いと同じ症状ですよね。だから区別がしにくいんですね。

 

そして、アルコールによって酸素欠乏症が起こることがあり、たとえば、アルコールによる睡眠時無呼吸症候群は命にとっても危険がある重篤な症状です。お酒を飲んでいびきがひどくなる人は特に注意が必要です。

 

また、アルコールの作用で血中の酸素運搬力が低下することがあります。当然、血液中の酸素濃度が減ってしまうと酸素不足の症状が出ますから、アルコールを薄めるように水分を多く摂取するようにしましょう。

 

そして、肝臓でアルコールを分解するためにも多くの酸素が使われています。肝臓が通常機能するだけでも多くの酸素が必要なのですが、加えて必要になるので酸素不足が生じやすいのだそうです。

 

ですから酸素をしっかり補給することで二日酔い症状を改善し、またアルコールの分解を高めることが可能です。酸素バーや酸素カプセルでは体内に高圧の酸素を取り込むことができるので、体内の酸素量を増加させることができます。

 

また、話題の酸素水は飲むだけでも酸素の量が増えるようになります。他にもスポーツ選手や登山の場で見ることができる酸素スプレーや、深呼吸なども効果的です。酸素の力で二日酔いに対抗できることもありますので、試してみてくださいね。

 

二日酔いとシメのラーメン

 

お酒を飲んだ後には、シメにラーメンを食べる、というおなじみの流れがあります。実はこれは結構理にかなったことでもあり、この習慣の有無で翌日の調子が変わるという人も少なくないそうです。

 

ラーメンが二日酔いに効果があるという医学的な根拠は無いのですが、アルコールの分解や消化に関しては効果がありそうだという話はチラホラ聞こえてきます。

 

たとえば、アルコールの分解にはブドウ糖が必要で、ラーメンでしっかり炭水化物を摂取して補給が可能だとか、またラーメンの脂肪分がアルコールの消化を妨げて、血中に放出されるアルコールの量を少なくする、不足しがちな塩分やミネラル、水分を補えるといった効果があると言われています。

 

しかしながら、こうした効果を追求するのであれば、ラーメンよりもより良い食品は多くありますので、他の有効な食品を食べた方がいいというのが正直なところ。どちらかと言えば、ラーメンを食べたいという気持ちが最も大きな動機ではないかと思います。

 

夜間の食事はそれだけ内蔵にも負担をかけますし、消化や代謝を頑張っている胃腸に休む暇を与えないため、アルコールの分解を遅くしてしまう可能性もあります。食べるにしても少量に抑えて、早めに帰宅してしっかり睡眠をすることが最も有効ではないかと考えられます。

 

もちろん、ラーメンによる効果が無いというわけではありませんが、あまりにも妄信するとかえって肥満の原因となったりしますので、二日酔い対策だけでなく健康はトータルで考えることが重要です。

 

牡蠣は食中毒を引き起こす可能性もある

 

食べ物には全て食中毒を引き起こす可能性がありますが、もちろん牡蠣も例外ではありません。牡蠣は当たると非常に辛いという話も聞いたことがあるでしょう。腹痛、下痢、発熱、嘔吐、だるけ、むかつきといった症状が数日間続き、トイレから出られない人も多いです。

 

この食中毒は主に何が原因なのかというと、ノロウィルスが原因です。ノロウィルスに感染している牡蠣を食べてしまうと、小腸の細胞内で増殖して1日前後で症状が出てきます。基本的に3日程度で症状は回復しますが、その間は非常に辛いです。

 

では、このノロウィルスがどうして牡蠣に付着するのかについて説明します。勘違いしている人も多いのは牡蠣の鮮度が悪いことで当たるとおもっていることです。実は鮮度がよくてもノロウィルスが付着していたら結局は当たってしまいます

 

このノロウィルスというのは基本的に海水の環境が関係しています。生食用として出荷している牡蠣はもちろん海水の塩分濃度や雑菌、大腸菌といったものの厳しい審査を通過した環境で養殖しているので、生食可能となります。

 

生食用じゃないものを生で食してしまうと、当たる可能性が高くなりますので、調理用の牡蠣はきちんと火で調理して食べるようにしましょう。

 

それと、牡蠣に当たった症状は理解できたかと思いますが、そのまま何も食べずにいると脱水症状を引き起こしてしまうかもしれませんので、水分補給は少しずつでもマメにとっておきましょう。

 

ちなみに薬を飲んで症状を緩和させたいと思っている方もいますが、市販の薬を飲んでも症状は治まりませんので、とにかく水分補給をしながら自然に治まるのを待ちましょう。牡蠣を生で食すと食中毒の可能性もあるということは食べる前にしっかりとおぼえておくことが大切です。

 

牡蠣の食中毒が怖くて食べられないという場合、牡蠣サプリを利用するという方法もあります。牡蠣サプリもいろいろなタイプが出ています。自分にあうサプリを牡蠣 サプリ ランキングで探してみるというのもよいでしょう。

 

飛蚊症とレーシック

 

レーシックとは角膜を削りカーブを変更することで近視などを矯正する手術の一つ。これにより飛蚊症を起こす、もしくは治るといわれています。実際のところ、飛蚊症とレーシックの関与のほどは判明していません。ただし施術後飛蚊症に気づく可能性はある様子。原因はレーシックで焦点が移動すること。あるいは、レーシックにより硝子体に圧が加わることで飛蚊症を引き起こす可能性も指摘されています

 

一方で、飛蚊症が治るという話もあります。レーシックを受けてから飛蚊症がマシになったと感じる方もいるようですが実際には慣れたためと考えられています。慣れることで気にならなくなるということがあるのですね。ともかく、レーシックでの飛蚊症治療は期待しない方がいいでしょう。

 

どちらにしても、病的飛蚊症にレーシックは適応できません。レーシック施術には生理的要因である飛蚊症であることが前提になければいけないからです。

 

失明の危険があるので、病的飛蚊症を患う方はもとの病から治療しなくてはいけません。治療にはレーシックよりもレーザーが良いかもしれません。完治には至らずとも症状改善に期待はできます。ただしこれも病的飛蚊症には適応できないので、原因を先に治療することが先決です。

 

飛蚊症についてはこちら。 http://xn--2ryn17a5yn.net/

更新履歴